#untitled note

私的な考えとかメモ、その他トラブルシュート

棒読みちゃん(BouyomiChan)をIRC Client Cottonで使う方法

LimeChatユーザーの私が書くヘンテコな備忘録。
検索用にソフトークと書いといた方が良いのだろうか?
細かい説明は割愛する。だってLimeChatユーザーだもの。

Cottonユーザーになりました。(追記:2011/10/10)
ちょっとだけ不親切だったところを補足するよ。

マクロ新規作成と、マクロの有効化

  1. 設定→マクロ設定→新規(N)→適当な名前をつける。
  2. 新規に作った名前の右側(Main列)を右クリックして「○」をつける*1
  3. 編集(E)→新規(N)

マクロ項目の編集

条件
名称 設定値 備考
コマンド(C) Privmsg 通常メッセージのみ
送信者(S) *(半角) 全ての送信者が対象
送信先(D) #チャンネル名 棒読みちゃんに読ませたいチャンネル名を#から指定
メッセージ(M) *(半角) 全ての発言
自分の状態(F) 条件なし -
送信者の状態(E) 条件なし -

ここまでを要約すると、「#チャンネル名で、誰かが通常発言したら」マクロが動く。

動作
名称 設定値 備考
動作(A) Open ファイルを開く
動作先(T) Hide 開いたファイルのウィンドウの状態を指定できる*2
動作の情報(P) "棒読みちゃんの入っているフォルダ\RemoteTalk\RemoteTalk.exe" /T "%m" ダブルコーテーション(")は必須
動作確立(R) 100 好みで

ポイントはBouyomiChan.exeを指定するのではなく、RemoteTalk.exeを指定すること。

※動作の情報(P)の注意点

わかりにくいと思うので、例を書いておく。
ダブルコーテーション(")は必須
"C:\BouyomiChan\RemoteTalk\RemoteTalk.exe" /T "%m"
先頭にスペースが入ると動かないので注意。 コレ↓は動かない。
 "C:\BouyomiChan\RemoteTalk\RemoteTalk.exe" /T "%m"
なお、/Tなどのオプションについては、RemoteTalkフォルダの中にあるテキストファイルを読むこと。

出来上がり図

こんな感じ。
オリジナルサイズ

2010/05/26 追記

書き忘れていたので、追記。
上の設定をした後に、BouyomiChan.exeを起動すること。

このマクロ設定はBouyomiChan.exeに言葉を渡すようにしてあるだけなので、BouyomiChan.exeを起動していないと意味がない。


まとめると、
  1. Cottonでマクロの設定をする。この時指定するのはBouyomiChan.exeではなく、RemoteTalk.exeを指定すること。
  2. 設定したマクロを有効にする。
  3. BouyomiChan.exeを起動する。
  4. 設定したチャンネルで適当に発言してみる
  5. 発言した文字が読み上げられたら設定成功

*1:これでこのマクロが使用可能になる。無効にするときはOFF

*2:何か発言がある度に棒読みちゃんを呼ぶ事になるので、邪魔にならないようにHideかMinimize推奨