読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#untitled note

私的な考えとかメモ、その他トラブルシュート

行、列のグループ化時に「+」「-」ボタンがおかしくなる件の1つの原因と復旧方法

2016/03/17:タイトル修正

なにそれ

これのこと。

行や列のグループ化を行った時に本来ボタンに表示されるはずの「+」や「-」が「」になって
ボタンが小さく表示される現象のこと。

Excelを方眼紙のように使いこなす諸君らには常識かもしれないのだが、僕は知らなかったので書いておく。

#調べたらExcelファイルを作り直せとかいうあまりにも乱暴な回答しか転がって無かった。
#いや、本当はもっと調べればキチンと載ってるのかもしれないのだが、
#そもそも調べ方のキーワードになんと書けばいいのかすらわからなかった・・・。

発生するExcelのバージョン

多分最近の全部のバージョン。
発生したことがある(覚えてる)のは、Excel2003、2007、2010。
直したことがあるのは、2007と2010のみ。

1つの原因

1つと書いたのは、たまたま見つけたからで、本当はまだあるかも知れない為だ。
しかし原因は非常に単純。

どこか大量の行(列)が小さな高さ(幅)に設定されていないか。
を調べてみて欲しい。
よくあるのが、下〜〜〜〜の方に、例えば1万行目から下が知らぬ間に小さくなってた。とか。

具体的にはこういうことだ。

この画像はわかりやすいように、6行目から下の行全部を小さくした例だが、
実際にはどこの列からだろうがとにかく大量に小さな高さに設定されていると起こる。

もう少し詳しく書くと、実はこのグループ化ボタン、行の高さに比例して小さくなる。

グループ化対象の行の高さを小さくすれば、小さくなるのは当たり前だが、
どういうわけか、グループ化されている行とは関係無いのに、他の行を小さくすると
それに比例して行グループ、列グループの両方のボタンが小さくなっていくみたいだ。

復旧方法

小さくなっている行をデフォルトの大きさに戻すだけ。
大抵の場合それだけで直ります。

しかし、行も列も小さくしまくってたりすると、これだけでは直らない時があります。
そういう時は、小さくしていた行(列)をデフォルトよりも大きく設定してください。
そうするとボタンが元の大きさに戻って、再度デフォルトの高さ(幅)に戻せば直ります。
#どちらかというと列よりも行のほうが大きい影響を与えるみたいなので、
#両方大きくしても完全にボタンが戻りきらなかったら、行の高さをもっと大きくすることで改善することがあります。