#untitled note

私的な考えとかメモ、その他トラブルシュート

Mixerでスト5配信を遅延1秒未満に抑える設定

超低遅延配信が可能なMixerで30F未満に抑えてそこそこ見れる画質の設定をメモ。

これで60FPSが21F遅延、30FPSが27F遅延(なぜか30FPSのほうが遅延が多い)にできた。

激しく動いている時はこれより遅延があるように見えるが、あっても体感40fps程度なので身内の戦いをDiscordでやんや言いながら見る分にはリアルタイムで話ができる。

 

配信先

mixer.com

配信ソフト

OBS Studioを使う(昔はFTL版とRTMP版があったが今は統合された)

obsproject.com

OBS設定

[配信]設定

サービス:Mixer.com - FTL(RTMPではない)
サーバー:Asia: Tokyo*1

[出力]設定

出力モード:詳細

[配信]タブ

エンコーダ:x264*2

ストリーミングサービスのエンコーダ設定を適用する:ON

出力をリスケールする:ON(1280x720) (OFFでも良いけどなぜかOFFだとずっとロード中が繰り返されることがあったのでONにしている))

レート制御:CBR

ビットレート:3500*3

特定バッファサイズを使用:OFF

キーフレーム間隔:1

CPU使用のプリセット:very fast

プロファイル:main

チューン:zerolatency

x264オプション:bframe=0

[音声]タブ

(ここ本当はライブ配信の設定なのか録画配信の設定なのかわかってない)
全部ビットレートを96に変更

[音声]設定

サンプリングレート:44.1khz*4

その他:デフォルト

[映像]設定

基本(キャンバス解像度):1280x720

出力(スケーリング解像度):1280x720

縮小フィルタ:バイリニア

FPS共通知:60

その他

全てデフォルト

 

バージョン変わると結構UI変わるので画像も貼っつけておく。
より良い設定が見つかったら教えてほしい。

f:id:rizenback000:20180312025035p:plain

OBS Mixer配信 - 配信設定

f:id:rizenback000:20180312031106p:plain

OBS Mixer設定 - 出力設定

f:id:rizenback000:20180312031152p:plain

 

f:id:rizenback000:20180203051311p:plain

OBS Mixer設定 - 音声設定

f:id:rizenback000:20180312031249p:plain

OBS Mixer設定 - 映像設定



 

*1:本来はAutoが理論値最強の場所を割り振ってくれるはずだが香港サーバとかに繋ぎに行って本当か?という疑問があるので固定している

*2:GTX970なのでNVENC H.264も使えるがどうも汚い。ビットレートを上げれば多分解決するはずだが回線を圧迫しそうなので試してない

*3:これ以上増やしても遅延は対して変わらないのだが、画質もそれほど変わらない上に見ている側のDL帯域が低いと低遅延再生が満足に行えないので上げ過ぎも注意が必要

*4:48khzだと配信できなかった