読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#untitled note

私的な考えとかメモ、その他トラブルシュート

ブラウザレビュー - Opera Mobile(Mini)

現時点でのレスポンス最強ブラウザと思われる。一応筆者のメインブラウザ。

定義

これどういう意味だよ。っていうものを一応書いておきます。*1

  • 各メニューへのアクセスしやすさ…[共有]へのアクセスのしやすさと過程します。
  • 普通…「早い」という評価に対して相対的に見て遅いのだが、遅いと書くと語弊がある為普通としている。
    ストレスにもなり得るが「まぁこんなもんだよね。」というレベル。
    正確にTATを図るような真似はしていない。

概要

PC版では言わずと知れたOpera
PC版ではサクサクな動作で最強伝説とまで言われておりカルト的な人気を博しているが、実際のシェアは・・・。


PC版の評価はとりあえず置いておくとして、AndroidでのOperaはどうかというと、これがすこぶるイイ。
機能的にもコンパクトに必要な機能がまとまっており、かなり実用的ブラウザと言える。
ズームとスクロールのレスポンスが他の追随を許していない。
よくCMなどで見るようなヌルっとしたブラウジングがこのブラウザで可能となる。

基本的な動作の速さとか

ポイント Mobile Mini
バージョン 11.1 6.1
アプリ容量 21.31MB 1.7MB
AndroidMarketでの評価 ☆4.5 ☆4.5
起動速度 遅い 普通
ページ戻る・進むのレスポンス 早い 早い
スクロールのレスポンス 早い 早い
ズームのレスポンス 早い 早い

機能的なこと

ポイント Mobile Mini
検索エンジン Google固定
タブバー常時表示 無し。タブの概念は有る。
下部固定メニューよりタブサムネイル群を表示させることができる。
若干使用性に難有り。
アドレスバー常時表示 上部に有り。スクロール時の常時表示はできない。
MENUキー押下で呼び出すことが可能
画面メモ有無 有り
スピードダイアル有無 有り(9枠)
エクステンション有無 無し
フルスクリーン表示 無し
ズーム時に文字の再配置 ON/OFF可能
ズーム率によって動的に再配置するわけではなく、ページ読み込み時に
ディスプレイのサイズに固定して再配置されて表示される
ジェスチャのカスタマイズ 無い
ダウンロード時の場所指定 毎回指定可能
他のアプリケーションへの影響 特に感じられず
各メニューへのアクセスのしやすさ 2ステップ。MENUキー押下→共有。
特徴的な機能 Opera Turbo
Operaのサーバでコンテンツデータを圧縮して転送する機能。*2

Opera Link
PC版との同期システム(あまり詳しくないです)
Opera Turboがない。
Opera Linkは有る

MobileとMiniの違い

上の表にMobileとMiniでの差を書いたけど
機能的にはOpera Turboが無いぐらいの違い(だと思う)。

違うのは挙動が若干MobileとMiniでは異なる。
気づいた点だけ書くと、
起動
後述するOperaMobileの初回起動時画面がなく、若干起動速度が早い。

ページ表示
圧縮されたデータを受け取るという仕組みのせいか、若干ページ表示の挙動が異なる。
Mobileとの明らかな違いは画像表示で、画像はまずその画像の色がなんとなくわかるブロック表示される。
その後、ロードできた画像から正常な画像を表示していく。
こんな感じ。

プログレッシブJPGのよう。

WiFiだと通信速度が早いので特に気にすることはないが、3G回線だとこの状態のまま
タイムアウトになったりして結局ページ再読み込みか、画像のみ表示で対応することになることある。

Mobileだとタイムアウトになったことがないので、そこは比較できなかった。

機能ピックアップ(Mobile)

起動

初回起動時はこの画面で1.5秒ほど待たされる。


ちなみにMiniはこの画面が無くそのまま起動するため若干早い

当然HOMEキー押下や、BACKキーでの最小化時にバックグラウンドにOperaを残していると、
当然この画面は挟まれない。
実際にはIS12SHのスペックではOperaを最小化して他アプリを起動すると
メモリ不足となるパターンが多く
Operaは解放されてしまい、再度Operaを開くとこの画面から起動。ということになることが多い。

この場合開いていたタブはしっかり残っているのでその点は安心していい。

ズームイン・ズームアウト/スクロール

画像で紹介しにくいのが残念だが、この為だけに使っているといい。
他のブラウザとは違い、まさにヌルヌル動くという表現が適している

よくiPhoneスマートフォンのCMで「快適なブラウジング」とか言って
ヌルヌルスクロールさせている動画がありますが、あんな感じをイメージしていただければ良いです。

詳細メニュー

この詳細メニューはMENUキーで開かない。
一体どういったこだわりでこんな仕様なのかはわからないが、とにかく右下のOperaのマークをタッチして開く。

タブサムネイル

タブは常時表示され無いため、下部に固定されているメニューよりタブを開くことになる。
タブを閉じるには×ボタンを押すのだが、タブが多くなってくるとこれを押すのが結構たいへん。

ブックマーク

通常のブラウザと同じようにフォルダによるツリー構造が使える。
他には特に言うことなし。

*1:それでも意味不明かも。感じてください。

*2:リファラを使用するページではリファラが変わってしまうようなので注意が必要。OperaMiniのコンセプトとどう違うのか不明